ひろしまにあの芸術祭がやってくる!

アートも、エンターテインメントも、マンガも、アニメーションも。
優れたメディア芸術作品を集めた展覧会の地方展を、広島で初開催!


イベント情報

終了しました

メディア芸術の楽しみ方

  • 2016年8月18日(木)14時~

「正しい数の数え方」を制作した岸野雄一とアニメーションを担当した西島大介がメディア芸術の楽しみ方を対談形式で語り合います。

終了しました

正しい数の数え方

  • 2016年8月19日(金)13時~、15時30分~

子ども大人も楽しめる音楽劇であり、人形劇+お芝居+アニメーション+演奏といった複数の表現で構成される観客参加型の作品。

終了しました

長編アニメーション作品上映

  • 2016年8月19日(金)より

「花とアリス殺人事件」ほか、日本のアニメーションの中から、新しい表現を探求した長編アニメーション作品を中心にスクリーン上映。

終了しました

プロジェクションマッピングワークショップ成果上映

  • 2016年8月27日(土)、27日(土)

ワークショップに参加いただいた方の作品を上映します。


お知らせ

2016.09.02
本日最終日となりました。沢山のご来場ありがとうございました。次は札幌展が始まります。
文化庁メディア芸術祭札幌

2016.08.22
明日、8月23日(火)より旧日本銀行広島支店 3F会場にてショートアニメーションの上映会を開始します。上映作品についてはこちら

2016.08.13
オープニングセレモニーと同時に、会場のストリーミング配信を開始しました。
開催期間中、開館(10:00)〜 閉館(18:00)まで毎日配信します。※一部日程で違う内容の配信も行います。

文化庁メディア芸術祭広島展

2016.8.13-2016.9.2

旧日本銀行広島支店 ほか
主催:文化庁
共催:広島市、公益財団法人広島市文化財団
企画・運営:文化庁メディア芸術祭広島展開催委員会入場無料


開催概要

文化庁メディア芸術祭広島展「* Hiroshima * Media Arts」は、アート、エンターテインメント、アニメーション、マンガなどのメディア芸術の優れた作品を顕彰する「文化庁メディア芸術祭」の最新の受賞作品を中心に展示・紹介する展覧会です。被爆建物である旧日本銀行広島支店をメイン会場にして、作品展示、上映、ライブパフォーマンスなどを市内6カ所で8月13日から9月2日まで行います。
テーマ「* Hiroshima * Media Arts」には、コンピュータで乗算を意味する「*(アスタリスク)」をキーワードに、広島とメディア芸術を*乗算し、平和が世界に*拡散していくようにとの願いが込められています。
これまでの受賞作品とともに、広島ゆかりの作家による作品も展示し、メディア芸術の持つ親しみやすさや楽しさとともに、新しいテクノロジーによる多様な表現を紹介します。